松山市出身。久万高原町・フリーライター 相原由佳さん(25歳)②




前回インタビューで、フリーライターになるまでの経緯を語ってくれた相原由佳さん。
今回は、ライターという仕事について、そして自身が描く将来像について伺いました。

フリーライターとして歩み始めた新たな道

角田
自分の目の前の霧が一気に晴れた、そんなイメージですね!
出会いによって人は変わる、そんな事例をまた知ることができた気がします。
そもそも、フリーライターとはどういう仕事なのですか?
相原
今は主にクラウドソーシングから仕事を受注しています。
「〇〇のための文章を書いてください。単価は〇〇円/文字、何文字以内です。」という風に仕事の依頼がHP上に掲載されており、自分がやりたい仕事を自分で選べるという仕組みです。
角田
文章を書くのが苦手な人もいるので、需要がある職業なのかもしれませんね。
生計を立てられる程度の収入を得られるのか、少し疑問に感じました。
相原
最初は単価の低い仕事しかできませんでした。
ですが、そういう仕事をこなしていくうちに自分のスキルが上がっていき、次第に多くの仕事、単価の高い仕事もできるようになりました。
今は思い描く1番理想の仕事ができているとは言えないので、もっと自分の書きたい文章を書いて、満足できる収入を得られるようになりたいです。
角田
相原さんが思うフリーライターの魅力は何ですか?
相原
二つあります。
一つは、スキルがない状態から始められること
事実、私も未経験の状態から始めて、生計を立てられるまでになることができました。
もう一つは、好きな場所で好きな時間に仕事ができること。今は生計を立てることに必死ですが、この自由度は魅力です。
角田
ライターに限らずフリーランスの魅力は自分で決められることですよね。
好きな場所で好きな時間に、ということですがなぜ愛媛を、そしてなぜ久万高原町を選んだのですか?
相原
最初は地方移住の相談員になりたくて、地方移住が活発な長野か山梨を考えていました。
ですが、親が帰ってきてほしがっていると感じたのが大きな理由です。
親に何かあったらと考えると、親の近くにいてあげたいなと思ったので、愛媛に帰ることにしました。

そして、どこに住むか考えたとき、自分の中にいくつか選択肢がありました。
調べてみてわかったのですが、久万高原町は移住お試し物件というものがあり、期間限定で住むことができます。
そういうお試しのような形で住んでみて、それから定住する場所を決めようと思って、とりあえず久万高原町に住んでみた。という感じです。

角田
実際住んでみて、久万高原町はいかがですが?
相原
空気が気持ちよくて、いい場所だと思います。お試し物件は2か月と決められているので、この2か月でたくさん吸収したいです。
角田
ちなみにお試し物件は月何円で住めるのですか?
相原
一万円です!
角田
安い!笑
相原さん3

将来への葛藤と当面の目標

角田
これからやっていきたいことはありますか?
相原
一言で答えると、模索中です。
フリーライターとして歩み始めたばかりで、将来のことはあまり描けていません。元々何も持っていなかった人なので、将来を描くにはまだ時間がかかりそうです。

ですが、面白いコンテンツを作ることが当面の目標になると思います。
今考えているのは、ホームページの制作やデザインも自分でできるようになって、「表現者として応援したい人を応援していけるようになっていきたい」ということです!

角田
素敵じゃないですか!ホームページを作ってそこに自分のコンテンツを入れていくと、相原さんだけのものが出来上がりそうですね。
他にもありますか?
相原
取材はやってみたいです。自分の人生は“人”が大事な要素を占めているので、色んな想いやこだわりを持った人の話を聞いたりしたいです。取材を通して実際に生産しているモノを見られるのも楽しみです。
角田
会社員時代には叶わなかった「想いやこだわりに触れる」ことが叶えられそうですね。
相原さんの今後が楽しみです!
相原さん3

何も見つからなかった青春時代、そして激動の20代前半を過ごした相原さん。
それでも生き方を見つけ出した相原さんから学んだのは、次のことです。
過去の悲しい出来事やうまくいかなかったことなんかで、人生は決まったりしない」。
今まさに人生の岐路に立つ方においても、うまくいかなかった過去ではなく自分が描きたい未来を想像して前に進んでほしいと思います。

Twitterアカウント

「ゆかか」という名前で運営する相原さんのTwitterアカウント。
地方移住、田舎暮らしのリアルを発信しています。ぜひフォローをよろしくお願いします!

質問や相談はヒメセカの交流掲示板へ!

気軽に愛媛県人と交流ができるスペースをご用意しています。
”もっとこの話が聞いてみたい”という時にもぜひご活用ください。

🍊メンバー募集中🍊
※掲示板への参加にはfacebookのアカウントが必要です
ヒメセカ交流掲示板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です