【ミャンマー】老舗旅行代理店の代表を務める中村英司さん(54歳)①



好きでないからこそ続けられた!営業で勝ち抜く力

ミャンマー中村さん

中村 英司さん(54歳)※取材時の年齢

  • 松山市湊町出身
  • 松山南高校、愛媛大学法文学部文学科卒業
  • ミャンマー在住歴23年

29歳で海外に出てから、インドネシア、ミャンマーと2カ国の駐在を経験した中村さん。
ミャンマー在住歴はなんと23年!
現地では、老舗旅行代理店の社長を務めるが、そもそも旅行が好きではなかったとか。
好きを仕事にしない』時代に逆行しながらも働くお話を伺いしました。

サッカーに明け暮れた学生時代

あゆみ
ご出身はどちらですか?
中村
松山市の湊町です。
松山南高校を卒業し、愛媛大学の法文学部文学科に入学しました。
専攻は、哲学
就職も松山だったので、インドネシアのバリ島に行くまで、29歳まで松山にいました。
あゆみ
哲学とは珍しいですね。
なぜ哲学専攻を選ばれたんですか?
中村
確かに、同期の中でも、3月の卒業コンパで内定が決まっていたのが僕だけなくらい、当時は就職率の悪い学部でした(笑)

実は、高校は理数科に行ったのですが、突出した人間が多くて。
理系の分野ではこの人たちに適わないなと思って、挫折したので、大学は文系に行こうかなと。

そこで、愛媛大学の法文科に行こうと思ったのですが、法律に興味がないし、経済にも興味がない(笑)
消去法で文学部にしましたね。

ちょうどその時に、ユングとかフロイトとかを勉強したいんだったら、哲学の方面に行ったら勉強できるよって言われたので、哲学科にしました。

あゆみ
なるほど、消去法とは(笑)
勉強と並行して、大学時代に頑張ったことはありますか?
中村
体育会のサッカー部だったので、ずっとサッカーをやっていましたね。

小学校のときは、サッカーが出来る環境が少なく、中学校高校と、部活でサッカーをしました。
ただ、現役でサッカーをしていた時は、Jリーグがスタートする前で、プロになるという道がなかったんですよ。

そういう意味では、プロになりたいとか、サッカーで飯を食うというのは全く考えていませんでしたね。

あゆみ
哲学科で、体育会って珍しいですね。
中村
そうなんですよ。哲学専攻の人って、スポーツをする人は少なかったんですよね。

なので、理数科を卒業して哲学科、哲学科でサッカー部って、どっちに転んでも少し変わっていました(笑)



好きではない旅行を仕事に

シュエダゴンパゴダ
(中村さんが住むミャンマー・ヤンゴンの有名スポット「シュエダゴンパゴダ」)

あゆみ
哲学科で就職する人が少ない中、旅行代理店に入ったきっかけは何だったんですか?
中村
一番最初に受かった会社がその会社だったからです(笑)

実は、学生時代も今でも旅行は好きじゃないんですよ。

当時松山の支店では、教育旅行、いわゆる修学旅行の営業が弱かったんですね。
愛媛県の先生って愛媛大学卒が多いんですよ。
なので、愛媛大学卒を取れって言われてたみたいで。
そこに僕がひっかかったと。多分(笑)

面接でもはっきり言ったと思いますよ、「旅行は好きじゃない」とか。
ただ、仕事は好きでしたね。

あゆみ
入社当時のお仕事は、どんなことをされてたんですか?
中村
新卒で入社したのは東急観光です。

当時は旅行の営業をしていたんですが、企業様の社員旅行に行って、一緒にカラオケを歌ったりとか、当然海外旅行にもついていきましたね。

あゆみ
旅行が好きではなくて、続けられたんですか?
中村
同期にも、旅行好きや鉄道マニアがたくさんいたんですが、実はそういう人ほど長く続かなかったんですよ。

旅行の仕事って、効率性であったり、手早く収益をあげることも大事なんです。

でも、旅行が好きな人ってこだわりがあって、良い商品を作ることにのめり込んじゃって、自分の時間も無くなっちゃう。

旅行が好きだからこそ、我慢できなくなって辞めていく人も多かったです。

あゆみ
好きだからこそ続けられないってあるんですね。
では、どんな人が向いているとかありますか?
中村
ホテルやレストランを仕入れて、お客様に楽しんで頂けるようスムーズにご案内するというのが旅行の仕事です。

なので今も、それが出来る人であれば、旅行好きだとか好きじゃない人だとかはあまり関係なく、採用しますよ。

自分は、割り切って出来たんですよね。
そういう人の方が、むしろ長続きするかもしれません。

見出した仕事のやりがい

あゆみ
中村さんの仕事のやりがいはなんだったんでしょうか?
中村
自分は営業職でしたが、部活でサッカーをやるようになってから『競争して勝つ』ことが好きだったように思います。

中学に入ってからも数学の試験があれば勝つために勉強したり、もちろんサッカーもです。
そうやって『戦って勝つ』というのがどんどん好きになっていったんですよね。

それでいうと、今の仕事では、旅行というゲームの中で、他社に勝つというのが面白かったんですよね。
そこには当然、お客様に喜んでもらう要素は必須ですよ。

ただ、良いものを作って、お客様に喜んでもらって、収益を上げるというゲーム感覚なのかな。
そういう意味では、旅行が好きというよりかは、旅行産業の中で戦って勝つのが楽しいです。

”モガ”ダンスとの出会い

あゆみ
そうやって、仕事に面白さを見出していくんですね。
プライベートではどうだったんですか?
中村
もう1つ熱中していたのは、24~29歳のときにしていた、モガです。
ご存知ですか?

ジャンルにこだわらず、モダン、ジャズ、ヒップホップなど、あらゆるジャンルのダンスを楽しむダンスですが、愛媛県で一番活発なダンスグループでした。

元々の母体は、愛媛大学モダンダンス部で、そこを卒業した女性たちが引き続き踊りたいよねということで出来たダンスグループです。



あゆみ
ダンス!
それは、サッカーからまた全然違いますね。

なぜ、モガをしようと思ったんですか?

中村
会社に入って、体を動かさない生活が始まったんですよね。
これまで、毎日サッカーをやっていたので、体調がすごく悪くなって、運動しないとなと思っていました。

そんなとき、愛媛大学に営業に行ったんですが、大学のゼミ旅行でも何でもやりますよって周る中で、愛媛大学モダンダンス部の遠征のお手伝いをさせて貰っていたんですよ。
そこから、ダンスグループのことを知りました。

もちろん、サッカー部の遠征もやっていたんですが、ただ、サッカーだと、当時はナイター設備がないので、どうしても練習が営業時間中だったんですよ。

ダンスだと、夜20時から22時まで、体育館ですることができた。
日曜日はサッカーの試合に行って、平日夜はダンスをしていましたね。

インタビューの続き

会社の辞令でインドネシアとミャンマーに駐在することになった中村さん。
次回はその当時のお話を伺います。
インタビューの続きはこちら

質問や相談はヒメセカの交流掲示板へ!

気軽に愛媛県人と交流ができるスペースをご用意しています。
”もっとこの話が聞いてみたい”という時にもぜひご活用ください。

🍊メンバー募集中🍊
※掲示板への参加にはfacebookのアカウントが必要です
ヒメセカ交流掲示板

ミャンマー中村さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です