伊予市出身。台湾・ツアー会社日本語指導、高城七緒さん(36歳)②




大人になるにつれ突然、将来の夢を問われることが多いように思います。そんなとき、明確に言える人がどれだけいるのか。それは高城七緒さんも同じ、22歳まで夢中になれるものがありませんでした。

しかし、22歳での上海旅行が転機になり、中国文化の魅力に取りつかれ、独学で中国語の勉強を始めた七緒さん。前回のインタビューはこちら

今回は念願の台湾でのお仕事や今の夢など。台湾の魅力についてもたっぷり語って頂きます♪

ガイド向けの日本語教育やサービスの品質管理を行う

あゆみ
今のお仕事内容を教えてください。
七緒
日本のお客様が台湾に来た際の、車やガイドの手配をする会社で働いています。
その中で私がやっているのは、ドライバーさんやガイドさんの日本語の教育、サービスの品質管理ですね。お客様が日本の方なので、「日本人の方ってこうだよ。」っていうのを社内に伝えるブログや広報誌を作ったり、マニュアルの徹底をしたり。

あとは、お客様のふりをしてガイドさんのツアーに紛れることもあります(笑)。もっとこうして欲しいとか、お客様の生の声を拾うためです。
社内は7割は日本語ですが、会議は中国語オンリーですね。


あゆみ
覆面調査員だ(笑)。色んな方法で、日本クオリティを伝えているんですね。
台湾に来て大変だったことはありますか?
七緒
台湾の方って、中国語と現地の台湾語を混ぜて話すんですよ。台湾語だと何をいっているか分からないときがありました。
やっぱり、住んでみてギャップはありますよね。交通のマナーがすごい悪かったり…

プライベートだと、愛媛の味が恋しくなるかな(笑)
こっちで日本の味ってなかなか食べられないですし、金額も頻繁に食べれるようなものじゃない。故郷は恋しくなりますよね。

あゆみ
そうそう、ヒメセカを見て『てつわんさん』にも行かれたんですよね!(台湾愛媛県人会の様子はこちら🍊)
台湾には飲食店をされている愛媛の方もいらっしゃるので、そこに行くと愛媛の味が食べられそう♪
じゃあ逆に、良かったことはなんですか?

夢は、愛媛の松山と台湾の松山を繋ぐこと

七緒
仕事面で言うと、今まで会えなかったような人と会えるのは魅力ですね。
あとは、スタッフがすごくフレンドリーで、家族のように接してくれるんですよ。カラオケに行っても、知り合いの知り合いがどんどん増えていく(笑)。行けるんだったら、大勢の方が楽しいじゃんっていう感覚みたいです。
あゆみ
なんか、明るいですね(笑)!
七緒
そう、そして優しいんですよ。大切にしてくれるというか。

台湾に初めてきたときにも、「このホテルはどうやっていくの?」って学生さん達に話しかけたら通じなくて。当時はスマホが普及してなかったので、ガイドブックを見せたら、「分かった、おいで」って、電車の切符を一緒に買って、ホテルまで連れて行ってくれたんです。
15歳のくらい子達だったんですが、男の子が重いスーツケースを持ってくれたり。そんなところにも感動しました。

あとは、こっちの電車だと、優先席に関わらずどんな若い子でも席を譲るんですよね。
日本では、ちょっと気恥ずかしいとかそういう気持ちがあったんですよ、自分も。そんなとき、「どうぞ」って気持ちよく譲る姿を見ると、今でも温かくなります。


あゆみ
わー、それはグッときますね。そんな素敵な台湾で、今後やりたいことってありますか?
七緒
夢は、愛媛の松山と台湾の松山を繋ぐことですね。

台湾の松山駅には、松山のからくり時計があるくらい仲が良いんですよ。ただ、現状台湾と愛媛を行き来するって本当に大変で…移動するときは、関空か香川経由で帰っています。
これまで、仕事で対応したお客様にも愛媛からの方はいなかったので、これは、直行便がない問題もあるのかなと思っていて。
直行便については中村知事も頑張られているので、心から応援していますね。

もちろん個人的にも、せっかく旅行業界にいるので、愛媛をアピールしたいと思っています。
台湾の方に「愛媛出身」っていうと、「愛媛ってどこ?」って聞かれるんですよ(笑)。台湾の方に知って頂けるような、魅力的な街だというのを伝えたいです。
そして、もちろん愛媛の方にも「台湾ってこんなに素敵なとこなんだよ」っていうのを届けたいですね。


(台中の元眷村。古民家をリノベーションし、オシャレなカフェなどがあるそう。Nanaさん曰く最新の人気観光地だとか)
あゆみ
なるほど。じゃあ、しばらくは台湾ですね!
七緒
今のところは台湾の予定ですね。現地にいると、目標って次々出てきます。

愛媛の味が恋しくなった時に、もっと愛媛の味があればいいなって思いますし、あと現地の人に四国っていうと、「うどんでしょ。」って言われるんですね!それは、悔しい…(笑)

愛媛と台湾を結べるように、こちらで頑張るつもりです。

人生1回きりだし、時間は段々なくなっちゃうし(笑)

あゆみ
若いときに海外に行く人って即断即決の人が多い印象ですが、でも七緒さんって何年もかけて夢を叶えてるんですよね。
じっくり悩んで考えるタイプ、そんなU25達にこのインタビューを見て欲しいなと思いました。
そんな、七緒さんには決断のきっかけをくれる人っているんですか?
七緒
うーん、姉の影響が強いかなあ。
悩んだときは、「誰かのために生きてるんじゃない。あんたの人生はあんたのためにあるんでしょ」って言ってくれて。
確かに「早めに決断しなかったこと、リスクを考えて動けなかった時間って無駄じゃなかったのかな。」って思うことはあります。でも、今ここにいることは後悔はしていないですね。

今も、へこんだときとか元気がないときは、姉と話したいなって思いますよ。今って、LINEとかネットがあれば無料で話せる。心細いときはすぐに繋がれるじゃないですか。初めて上海に行ったときはそんなこと考えられなかったので、本当にありがたいです。

あゆみ
確かに、昔と比べて海外が近くなったと思います。だからこそ、海外に「いく」ことではなく、海外で「何をするか」が大事になってくるんでしょうね。最後に、愛媛のU25に向けたメッセージをお願いします。
七緒
やりたいこととか夢って聞かれても答えられないんですよね。
目標がなかったり、ただ単に会社に行って帰っての繰り返しだったり。

でも、本当に好きなことって、動き始めて言葉にすれば、叶うんじゃないかなって思いました。

先のことを考えたら不安にはなるけど、人生一回きりだし、時間は段々なくなっちゃうし(笑)。あまり先を見過ぎず、「今を大事に」って自分自身にも思いますね。

学生時代は目標が無かったという七緒さん。しかし、22歳での上海旅行が転機になり、大好きなことを12年かけてゆっくり育んでいきました。
本当に好きなことは、どれだけ時間がかかっても叶う。それは本当に好きだからこそ、努力を続けられるからではないでしょうか。
念願の台湾生活のスタート。大好きな台湾で、新たな夢を抱き挑戦する七緒さんがますます楽しみです。

🍊応援やコメントなど、ご連絡頂ければ喜びます♪🍊
コンタクトフォーム、またはヒメセカのSNSからお願いします。

facebook
https://www.facebook.com/himseka

Twitter
https://twitter.com/himeseka

Instagram
https://www.instagram.com/himeseka

LINE(新しくできました!)
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です