僕らは知らないことがたくさんあるから学び続ける必要がある【山本哲生の人生コラム】



人を知り、常に学ぶことを辞めない人生

こんにちは!
松山市出身、イギリスにクラシックバレエの留学経験のあるヒメセカメンバーの山本哲生です。

振り付け家として活動している僕は、今月埼玉であるSAI ダンスフェスティバルに振り付けをして作品を出します。

哲生
受賞作品は海外で公演が出来るということなので気合が入りまくっております!!

山本哲生

今回は僕がダンス表現を創造していく中で、今集中して取り組んでいることをお話ししていきます。

ダンスに限らずこれってどんな人生を歩んでいても僕らが続けていく必要があることだと思うので、ぜひいろんな人に読んでいただけたら嬉しいです♪

ダンスや演劇を月2回は観に行っています

ダンスを作る上で今僕が取り組んでいることが幾つかあって、ひとつは色んなダンスや演劇の舞台を見に行くこと。

月2回は舞台見に行っていますが、演出家によって世界観が違うのでホント面白いです。

哲生
昨日も演劇を見に行ってきました!

これから舞台や舞台に限らず表現というものを創っていく中で、一つの指標としていろんな演出家がどういう風に舞台を作っているのかということを学ぶ必要があると思っています。

そういったインスピレーションは頭の中に蓄積されていって、必要な時にアイディアという形で使われていくと考えているし、オリジナルなものを創っていく中でも先人たちのテクニックというのは大いに活用してくべきだと思うからです!

山本哲生



オリジナルはパクリの延長線上に生まれる

現代社会は情報がたくさん回っていて何でも知ることができるし、SNSなどで簡単に人と知り合うことができます。

アーティストとしてオリジナルなものを生み出していくというのはあると思いますけど、そもそもオリジナルも僕は先人たちの知恵があってこそのものなんだと考えています。

僕はダンスを作るってなった時も、自分の経験だけでなく今だったらYoutubeやインスタグラムでダンスの投稿なんてめちゃありますから、そういうのを見ていいな〜って思うものを自分で動いてみたりしながら頂いています!

パクリ疑惑とか色々言われたりしますが、誰だってパクってるんだし「パクる=罪」みたいなのが僕は謎でたまりません。

哲生
仮にですが僕の何かがパクられたとしても、それはその人のインスピレーションになったということ。

何かしら心が動いたから使おうってなるのだから、もっとポジティブに捉えれるといいんだけどな〜なんて考えています。

本を結構読んでます

最近は長時間の移動が多くなったので、本を読む機会が以前にも増して結構増えました。

芸術系の本や宗教文学哲学など、結構今は幕の内弁当みたいに興味のあるものを広く読んでいる感じですが少しずつ深めていきます!!

歴史や宗教や芸術を知ることは人を知ること

今までの歴史や宗教や芸術を学ぶのか…ということを考えてみたのですが、それはそれらが人間について知ることができるからなんじゃないかと僕は考えています。

日本人だけでなく世界中の人たちは多少変化はあれど、その先祖たちの考え方や価値観を受け継いでこの世にいるわけです。

そういった人間性を知ることで、まず僕は表現の幅が広がると考えていますし、世界中の人たちにはどういった形で表現していくとより届くのか…ということを学べます。

特に海外の人たちは自分の国や世界の国の歴史や考え方を勉強している印象があるし、そういった方々と共に創造していくということを考えた時にやはり学ぶ必要があるんだと思いました。

山本哲生

僕もまだまだですが頑張ります!!

学ぶことについて

僕は僕らは常に学ぶことを大切にするべきなんだと考えています。

別に興味のないことを無理やりやる必要はない。

自分の興味のあることを好きなだけ学んでいけばいいんだと思いますし、その知識を使って将来的に社会に貢献していけばいいと僕は感じます。

哲生
時代の変化が早くなっている今だからこそ、僕らは学び、そして変化に対応したり自分の今やっていることの糧にしていけば、もっともっと面白い世界を知ったり創ったりできるんですよね!

では〜♪

山本哲生の表現活動

ブログ「心が感じるままに人生を表現していく」
http://yamamon0715.hatenablog.com/

2018年振り付け作品「Who is God?」

質問や相談はヒメセカの交流掲示板へ!

気軽に愛媛県人と交流ができるスペースをご用意しています。
”もっとこの話が聞いてみたい”という時にもぜひご活用ください。

🍊メンバー募集中🍊
※掲示板への参加にはfacebookのアカウントが必要です
ヒメセカ交流掲示板

山本哲生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です